リシェルSI セラミックトップのバサルトブラックを使用してみての感想:おうち日誌7

こんにちは★

前にもキッチンの話はお話しはしましたが、今回は特にセラミックトップのことについてです。

我が家は、バサルトブラックを選んでいますので、黒ってどうなんだろうと思っている方へ、少しでも参考になればと思っています。

私も迷いましたので。

以前に書いたキッチンの記事はこちらからご覧ください。我が家の選んだキッチン設備はこんな感じですという部分を載せています。

理想のキッチン!LIXIL(リクシル)のリシェルSIを選んだ理由:家づくり日誌2

その記事には、リクシルで即決とありましたが、本当はパナソニックのラクシーナと迷いました。機能で惹かれたパナソニック。コンセントの位置もいいとこについているし。

でも、やっぱり一番はIHコンロの一番奥の部分。あの場所使わないんですよね。今の使用目的は置くのみ。20190304154528-d947f1e89118869bdcdea858a6b366962a7f8fb1.jpg

パナソニックならできる、三連横並びにするときっとすべて使うんだろうなと。同時にたくさんの料理を作れて時短なんだろうなと思いました。pana.jpg

三連にすると作業できる場所が狭くなるのかなーと思いましたが、やっぱりそこまで気にならないかなーと迷ったのです。

それがあっても、私がリクシル!と思ったのはセラミックトップの部分でした。

一目ぼれしたセラミックトップ!

どこがいいかというと、重厚感と高級感。人大やステンレスとも違い、今までにない感じがよくて即決。

まず見た目がかっこいい!!一目ぼれです。白と黒のコントラストで即決。

P1050925.jpg

機能としての良さは、まな板を使わなくても大丈夫な硬さと傷のつかなさが魅力に感じました。

フォークでなぞったって傷つかないと思います。

parts03_img_003.jpg

傷がつかないので、まな板使わないでも食材が切れます。

でも、まな板使わないないで切るものある?食べ物を直接置いて切るわけではないよね?って。

これ本当によく聞かれます。

あります!まな板使わないで切りたい物!!あるんです!!

そう、例えばハム、ベーコン等。ビリってシートをはがして、そのままその上で切っています。

下が傷つかないってわかっていたらガンガンシートの上で切れちゃいます。

他のものを切るならば、もちろんまな板で切りますが、

ハム、ベーコン等は単独で切ることありません?

うちはベーコンエッグの時にベーコンを半分にしたり、

ポテトサラダはいも等がゆであがってからハムを切るのでその時に。

すでにまな板は洗っていますのでハムは単独で切ります。

その時にまないたを洗わなくていいという、ずぼらをしたいために(笑)

その他にも、なると等の練り物系は、シートがあるときは基本その上で切るようになりました。

洗い物少なくなるってよいですー。

ただ、我が家の採用した色はバサルトブラック。

言葉で表すとしたら、少しでこぼこの、まっくろって感じです。

バサルトブラックは、本当に良くも悪くも汚れ一切わかりません。本当に全然わかりません。

切った後の掃除は必要です。衛生面では重要。

私は消毒液はすぐとれるような場所においてあり、切ったらシュッシュとしてふき取っています。parts03_img_001.jpg

拭いてびっくり!こんなに汚れていたのねー!ってこともありました。

唯一わかる汚れは白くつく、水の跡ぐらいでしょうか。それも、水滴ぐらいじゃ白くつきません。

箸を大量に洗ったのを入れたザルで跡が残る感じでしょうか。(個人的感想。よーく目を凝らせば気が付くのかも)

汚れのわからなさは本当、良くも悪くもです。ちなみに私は大歓迎。

これが嫌なら沢山のセラミックトップの種類から選べばいいと思います。

私たちが選んだ時にはなかった、白もベージュも出ていますし。

私は扉柄との相性でバサルトブラックを選択しましたが、私たちが選んでいた時より、種類が増えていました。

我が家に施工していただいた時には、一番出ている色はグレースグレーだと教えてもらい、バサルトブラックの施工は初めてだといってました。

黒はね、、、と敬遠している人が多いのかな。。。

白い扉柄もさっと拭けば汚れ取れます。

白い扉柄も汚れ気になるところですよね。結構聞かれます。

color_anchor04_img_09.jpg

ですが、トマト缶をぶちまけてしまったときも、気が付かずに、すぐに拭き取れなかった場所も大丈夫でした。ちゃんと取れました。

汚れがこびりついたり、色移りする感じもありませんでした。

汚れも、傷も気にしないでいいのはいいですよ。気にしないで使えるのは嬉しい限りです。

さて、セラミックトップに話が戻りますが、鍋は直接置ける!

ということでたくさん料理した時など、鍋敷きなしで直置きしています。熱での変形もありません。

ここで注意!置けるだけで、熱は伝わっているんです。

熱い鍋をどかしてからすぐに拭こうと思って触って、あっち!ってことを何回かやっております(学ばない私(笑))

というわけで、少々乱雑に扱っても大丈夫で、傷も、熱による変形も、汚れも気にしないで使用する事が出来ています。

快適ですよ。セラミックトップ。

黒だって全然大丈夫。

むしろ、ずぼらさんこそ、ぜひ!バサルトブラックで。

というわけで我が家のセラミックトップのバサルトブラックを使ってみての感想でした。

誰かの参考になりますように。。。

参考記事1 断熱・間取り・モダンデザイン・キッチンへのこだわりを実現 十勝・音更町G邸

こちらのお施主様も『リシェルSI』を採用いただきました。

後ろの収納もすべて同じセラミックトップの素材です。統一感があって、高級感があってとっても素敵なお宅です。ぜひぜひ、施工例もご覧ください。

こちらのお施主様はグレースグレーを選択されています。

works_01_07.jpg

奥様「鍋敷きなしで、フライパンなどを天板に直に置けますし、丈夫で傷が付きにくい。ダイニング側にもお皿やコップなどを収納できます。表面の質感や色も格好良くて、キッチンに立つ度に嬉しくなります」

では、今回はこの辺でー★