2階建てのお家を減築、今人気の平屋へリノベーション

少し前の話になりましたが、今日は8月の末に完成したリノベーションのお家のビフォーアフターをご紹介していきます。

築48年の2階建てを減築し、今人気の平屋へ。5LDK→1LDKに変更しました。

今回お施主様からは、暖かく暮らせて、それぞれの部屋の温度差がなく、段差を解消し、開放的でどの部屋に居ても家族の気配を感じられるようにしたい。そして、くつろぎの空間は広く充実させたい。とのご希望でした。

リビングダイニングは、ゆったり広々の約23帖。

Before

DSCN3988.jpgAfter

P1000064.jpg

キッチンはPanasonicのアイランドキッチンを採用し、使いやすく白の木目の扉は清潔感があります。

床の段差がなくなり、部屋と部屋がひとつなぎになりました。

天井の段差もなくなり、シンプルでスタイリッシュな照明器具が空間をおしゃれに照らしてくれます。

下の画像のリビングから繋がる寝室は、約15帖あります。

BeforeDSCN3998.jpgAfterP1000181.jpg

元々あった畳の部屋を洋間に変えて、押入れをやめベッドスペースにつくり変えました。

どちらの部屋も、南の大きな窓からたくさん太陽光が入り明るく広く開放的な空間になりました。

この他に、以前は洋室だった部分をウオークインクローゼットにつくり変えました。

BeforeDSCN4009.jpg

AfterP1000101.jpg

約5帖もあり、スーツケースや大型用品や季節の物なども十分に収納できる広さがあります。

ハンガー収納は、服を探しやすくシワにもなりづらいので余計な時間や手間がかからず、面倒な衣替えをする必要がないのも嬉しいですね。

各部屋の段差も解消しました。

BeforeDSCN3996.jpg

AfterP1000104.jpg

猪子建設の得意とする、断熱はそれぞれ以下の施工をしました。

・床部分:200㎜の高性能グラスウール

・木造部分の壁:105㎜の吹き込みBIB(吹き込み式の断熱工事は凹凸のある部分にも隅々まで断熱材を充填することができます。)

・外壁の付加断熱:45㎜のネオマフォーム(ネオマフォームは世界最高レベルの断熱性能を誇り、一般的に張っている断熱材の約2倍の効果を発揮します。)

・天井部分:400㎜の吹き込みグラスウール1.png

断熱性能に大きく影響する窓には、優れた断熱、遮熱性能を有するYKKAPのアルゴンガス入りダブルLOW-Eトリプルガラスを採用しました。

夏は日射熱の侵入を防ぎ、冬は暖房熱の流出を防いで冷暖房効率を高めてくれます。

断熱は窓に加え、玄関ドアも重要な部分。窓と同じく優れた断熱性能を発揮するYKKAPの高断熱玄関ドア、イノベストD50を採用しました。

BeforeDSCN3982.jpg

AfterP1000179.jpg

さらに室内を気密シートで被うことで気密性を高めています。

コンセントボックスにも丁寧な気密処理を施すことで、断熱性能だけでなく気密性も高めています。

しっかりと断熱気密を施すことにより、暖かくそれぞれの部屋の温度差の小さい家に仕上げました。

住宅は、高気密高断熱にすることで、暖房や冷房の効きが非常に良くなります。

その為、快適に過ごせるだけでなく、省エネで電気代が抑えられ、外気の温度の影響を受けにくいので結露が発生しにくくもなります。

結露はダニやカビの原因にもなり、家にダメージを与えてしまう為、結露を防止することは家を長持ちさせるために重要です。

今回のご住宅は2階建ての住宅を減築し、平屋へのリノベーションでしたが、すべてがゆったり広々としたスペースになりました。