注文住宅「ベビーナチュラル」

猪子建設では、帯広・十勝エリアに住みたいご家族のために
注文住宅「ベビー・ナチュラル(Baby Natural)」をお薦めしています。

自然素材を使った健康的な内装仕上げ、家族のコミュニケーションが弾む間取りや、共働き家族が協力しながら家事をスムーズにできる玄関収納や食品庫など、工夫がいっぱいです。

木の温もりを感じたい家族が
考えた住まい

写真:猪子真治 写真:猪子亜依

創業者・猪子茂昭の長男であるわたくし・猪子真治は、妻・亜依と小学校・保育園に通う子ども2人との4人暮らし。

妻も猪子建設で経理担当として働いています。共働き家庭なので限られた時間をやりくりして育児をしています。夫婦2人の経験や、これまで建てられた多くのお客さまの声を反映させて完成させた注文住宅が「ベビー・ナチュラル」「ベビー・ナチュラルゼロ」です。

注文住宅を建てるのは大変?

猪子建設では、これまで多くのお客さまと注文住宅を建ててきました。農家の方、会社勤めの方、2世帯同居の方など、家の広さや間取り、仕様など、全く同じプランは1つとしてありません。

注文住宅は完全オーダーメイドですから、コンセントの高さやデザイン、ドアの色、ドアノブの材質や形状に至るまで、お客さまのいろんなご要望にお応えすることができます。

※ベビーナチュラルゼロのデザインスケッチ

一方、猪子建設は建材、キッチン、照明など使いやすく信頼性の高い一流メーカー品を標準仕様として使用しています。わたしたちの経験から「これがおすすめ」というものをセレクトし、十勝の気候にあったものをご提案しています。

注文住宅の標準仕様とは、住宅の基準となる仕様の事で、家を建てる際に必要なものを標準仕様として決めることで、建て主さんが部材を選択しやすいようになっています。

断熱材、地盤と建物の保証、構造計算や屋外給排水工事や自然素材の無垢フローリングなども含まれており、好みで色や外壁仕上げなどを選ぶだけで、標準仕様をそのままお使いいただいても、しっかりとした断熱と気密の暖かく、老後も安心な質の高い家を建てることができます。

注文住宅
ベビー・ナチュラルの特徴

ベビー・ナチュラルは大きく分けると次の3つの特徴があります。

1. 自然素材を使ったナチュラルな家づくり

今の床材は、木の端材などを接着剤で固めたベニヤ板のような芯材に、精巧な木目調の薄いシートを表面に貼り付けたものが主流。見た目は無垢材とほとんど見分けがつきませんが、表面にキズが付いたり、ちょっと剥がれるだけで、芯材が見えてしまいます。

無垢材は1枚板ですから、多少キズが付いてもサンドペーパーなどをかけて薄く表面を削ればキズが目立たなくなりキレイを保てます。

ベビー・ナチュラルに使っている無垢床材は、パイン(松)材を使った一流メーカー品(ウッドワン)を採用。足ざわりが柔らかく、素足で歩いても快適です。パイン材は、時間の経過とともに次第にアメ色になり、味わい深い表情を見せてくれます。無垢材の床は、身体にも優しく、健康住宅に欠かせない仕様です。耐久性もあるので、適度なお手入れをすることで何十年も交換する必要がありません。家のどこかに、"本物"の素材を使っておきたいもの。オプションでオーク材など他の無垢材を選ぶことも可能です。

また、階段を上がった2階ホールを広げてファミリールームにするなど、家族みんなが寛げるゆとりのスペースを設けることもできます。子どもが走り回っても、アパートのように「隣の人に迷惑だから走らないで」と神経質にならなくてもよくなります。

2. 家族のコミュケーションが弾む間取り

たとえば階段。キッチンからお母さまが見渡せる位置にすれば、お子さんが学校から帰ってきて「ただいま」と言ったとき、お子さまの後ろ姿をキッチンから確認できます。

また、玄関ホールには家族の靴やコートなどを効率よく収納するシューズクローゼットを設けたり、キッチンにはパントリー(食品庫)を備えるなど、家事動線も考慮しました。

さらに、部屋の壁の角は全てRをつけて丸くしています。ものをぶつけてしまってもクロスがはがれにくく、傷つきにくくするための配慮です。

子ども部屋は、将来2人目のお子さまが産まれたときのために、2つの個室に区切れるよう横長の作りになっており、入口のドアも2つあります。

間取りは、注文住宅なのでお客さまのご希望で設計します。「1階に和室がほしい」「子ども部屋がもう1つほしい」「2階にファミリーリビングがほしい」「ご主人、奥さまの趣味の部屋が欲しい」など、アレンジは自由です。

リビングダイニングに吹抜けを作れば、開放感と「ごはんできたよ~」と2階の子ども部屋に気軽に声をかけられるメリットも。

対面式キッチンのカウンターの奥行を少し広げて忙しい朝はそこで朝食なんてどうでしょうか?ちょっとプランをアレンジすることで、それぞれのご家族に合った住宅をプランできます。

建売住宅と違って、オーダーメイドなのでご満足できる「世界に1つだけの家」ができあがります。

3. 30年後も安心して住める高性能と耐久性

「ベビー・ナチュラル」の住宅性能は、北海道が推進する「きた住まいる」の考え方を取り入れています。

きた住まいるとは、住宅履歴を30年保管し、耐震性や断熱性に一定以上の基準を設けることで、長持ちして光熱費の安い住宅を建てられる住宅会社であることを、北海道が認証する制度です。当社も「きた住まいるメンバー」として登録しています。そのため十勝の厳しい冬や暑い夏も快適に過ごせます。

ベビー・ナチュラル

さらに、当社は新住協十勝支部のメンバーです。常に新しい技術を学び、全国の会員と交流しながら十勝地区の厳しい気候にもふさわしい家づくりを進めています。

詳しくはこちら 猪子建設について

太陽光発電付きの
「ベビー・ナチュラル・ゼロ」

babynatural_zero_thmb.jpg

十勝は太陽光発電に適した地域です!

ベビー・ナチュラルは、LIXIL、Panasonic、YKK AP、TOTOなど一流メーカーの住宅設備を採用。無垢の床材や塗り壁材なども、実績のあるメーカーを選んで標準仕様としています

「ベビー・ナチュラル・ゼロ」は、このベビーナチュラルに太陽光発電システム・蓄電池をプラスしました。

光熱費を気にせずに快適に生活でき、停電時にも電気を自給可能なので、いざというときも安心です。

太陽光発電パネルは、温度が25度以上になると発電効率が落ちてきます。屋根面は、陽があたると気温よりも遙かに温度が高くなり、夏は70度に達することもあります。それに比べて冬は高温にならないため発電効率が高くなります。

加えて、十勝の冬は「十勝晴れ」と言われるほど晴天率が高いのが特徴。年間の発電量を合計すると、道外の都市と全く変わらないほど多くなります。

この十分な日射量を存分に活かし、蓄電池を設置することで、電気を自給自足することも可能です。

増える自然災害やエネルギー価格の高騰など、時代の変化に対応できる仕掛けを詰め込んだ家です。

ご家族に安心と、快適な暮らしをお約束します。

高性能な超高断熱玄関ドア

【ベビー・ナチュラル・ゼロ 標準仕様】

  • 高効率給湯器のエコジョーズ
  • 厚さ70mmの超高断熱玄関ドア(YKKAPイノベストD50)
  • 無垢フローリングなどの自然素材もたっぷり(パイン無垢フローリングとナラ無垢フローリングを選択可)
  • メンテナンス不要で長持ちする樹脂製サイディング(ゼオンサイディングとIGサイディングを選択可)
  • その他設備・照明器具・ TV モニター付インターホン
  • 地盤と建物の保証・設計料・構造計算費用・屋外給排水工事(構造計算は耐震等級3を取得することも可)
  • 高効率な太陽光発電システム+蓄電池(電力の自給自足を目指したプランにすることも可能)

などなど すべてついています!

もちろん豊かに暮らせる資金計画や、過ごしやすいベストプラン、スタッフの思いやりも含まれています!

お気軽にお問い合わせやご質問をお待ちしています。

ベビー・ナチュラル・ゼロ


ベビーナチュラル・ゼロをもっと見る